• アクセス
  • ドクターアドバイス
  • 提携医療機関
  • 健康情報誌こんにちは
  • リンク

お問合せは

TEL06-6471-2916

[受付時間]
月~金 9:00~12:00、
      16:00~19:30
土     9:00~12:00
※木曜 16:00~19:30

TOP>ドクターアドバイス

ドクターアドバイスカテゴリ一覧


熱中症の種類

・メディカルライフ教育出版2005年8月号より

人は暑いと、体内の熱を外へ出すために汗をかきます。この汗がすぎると

1)体内の塩分や水分が減少する
2)水分が少ないため汗がかけず熱が放出できなくなる

などの理由から熱中症になりやすくなります。
熱中症の症状と種類は表の通りです。

北野クリニック(内科)
北野英基

熱けいれん、熱疲労の治療

・メディカルライフ教育出版2005年8月号より

熱けいれん、熱疲労の治療

今年も酷暑の報告を聞きます。熱痙攣、熱疲労の治療は以下の通りです。

■風通しの良い日陰へ移動
■服を緩める
■足を高くする
■スポーツドリンクなどで水分の補給をこまめにする

また、救急車を呼び、早急に医療機関へ搬送しましょう。

北野クリニック(内科)
北野英基

熱中症の治療―熱射病の場合

・メディカルライフ教育出版2005年8月号より

熱射病の治療

夏日、真夏日が続きます。熱射病の治療も知っておいてください。

■風通しのよい日陰へ移動させる
■服を脱がせ、頭を高くする
■太い血管が走っている首筋、脇の下、脚の付け根等を冷やす
■意識があればスポーツドリンク等で水分補給(意識がなければしない)
■救急車を呼び早急に医療機関へ搬送する

北野クリニック(内科)
北野英基

日焼け止めを上手に利用しよう

・メディカルライフ教育出版2005年8月号より

4月、5月、6月と紫外線がだんだん強くなってきます。夏よりも紫外線は
今の時期が強いのです。皮膚の保護や皮膚のかゆみ対策に日焼け止め
クリームも上手に利用しましょう。

日焼け止めクリームには下記のような種々の表示があります。

■SPA(Sun Protection Factor)
UV-Bの防御効果を示すものです。数値が大きいほど効果がありますが、
最高値はSPF50と定められています。

■PA(Protection grade of UVA)
UV-Aの防御効果を示すものです。次の3つで表されます。

・PA+効果あり
・PA++かなり効果あり
・PA+++非常に効果あり

北野クリニック(内科)
北野英基

熱中症

・NIKKEI MEDICAL教育出版2004年8月号より

今年はまだ5月だというのに、真夏日があったり、暑い日が続きます。
身体が暑さに慣れていないので、熱中症になりやすいので、気をつけてください。
熱中症には下記の種類があります。

■熱中症のⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度
Ⅰ度:熱ケイレン、熱失神、こむら返り、立ちくらみ、四肢、服筋のケイレン
Ⅱ度:熱疲労;強い疲労感、めまい、虚脱感、頭重感、吐き気、嘔吐
Ⅲ度:深部体温39度以上、脳機能障害、肝機能障害、腎機能障害

北野クリニック(内科)
北野英基

皮膚と発汗

・メディカルライフ教育出版2003年1月号より

熱中症が毎日問題になるほど暑い日が毎日続いています。
血液循環によって血液とともに身体の表面に運ばれた熱は皮膚の毛穴や汗腺の穴を
通して対外に放散されます。しかし気温が高くそれで間に合わない時は血管を
拡張して血流を増やし、放熱を促します。
さらに、発汗によって皮膚表面を湿らし、その気化熱で体温を下げます。

これらを総合的に調節しているのが大脳の視床下部にある体温調節中枢です。

北野クリニック(内科)
北野英基

PAGETOP