• アクセス
  • ドクターアドバイス
  • 提携医療機関
  • 健康情報誌こんにちは
  • リンク

お問合せは

TEL06-6471-2916

[受付時間]
月~金 9:00~12:00、
      16:00~19:30
土     9:00~12:00
※木曜 16:00~19:30

TOP>ドクターアドバイス

ドクターアドバイスカテゴリ一覧


坐骨神経痛を改善するためには

・メディカルライフ教育出版2008年7月号より

坐骨神経痛を改善する方法としては、「なるべく重いものをもたない」、「長時間同じ
姿勢をとらない」、「激しい運動はさける」、「肥満しているようであれば減量する」、
「安静にしている」、「腰周辺の筋力をつける」といったことが挙げられます。
また、ホットパックを利用したり、温浴するなど、患部を温めると痛みが
和らぐこともあります。

ただし、原因になっている疾患によって改善法は違いますし、
改善法を行なったがために悪化してしまう、といった危険性もあります。

また、坐骨神経痛を起こす疾患には、悪化すると歩行が困難になる、
座っていられなくなる、排泄をうまくできなくる、といった重篤な症状を
引き起こすものもあります。

ですから、原因となっている疾患を早期に発見、治療することがとても大切です。
激しく痛む、安静にしていても痛い、日に日に痛みが増してくる、発症から
1週問以上経っても痛みやしびれが続く、下肢に力が入らない、といった症状が
ある場合には、整形外科を受診し、検査をしてもらいましよう。

なお、腰周辺の筋カアップを図る体操と、筋肉をほぐすためのストレッチを
組み合わせた腰痛体操は、坐骨神経痛に限らず、腰痛の軽減に有効とされています。
しかしこれも、自己判断では行なわず、医師の承諾を得てから試してみましょう。

北野クリニック(内科)
北野英基

坐骨神経痛の原因

・メディカルライフ教育出版2008年7月号より

それでは、坐骨神経痛の原因となる主な疾患には、どういったものが
あるのでしょうか。

1.腰椎椎閤板ヘルニア
背骨は、椎体という骨によって構成されています。この椎体と椎体の問には、
クッションの働きをする椎間板という軟骨があります。この椎間板がはみだしたり、
飛びだしてしまうのが椎間板ヘルニアで、腰部の椎間板で起こると、神経を圧迫し、
坐骨神経痛を起こしてしまいます。同じ姿勢(特に中腰や前かがみなど)を長時問
続けたり、急に重たいものを持ち上げたりしたときに発症する危険性があります。

2.腰都脊柱管狭窄症
脊柱管は背骨の中央にあり、脊髄と、それに続く神経(馬尾神経)が通っています。
この脊柱管が狭くなるのが脊柱管狭窄症で腰のあたりで発症すると、
腰部脊柱管狭窄症となります。腰部脊柱管狭窄症を発症すると、
馬尾神経を圧迫し、腰の痛みや足のしびれなどの症状を起こします。
先天的な原因(生まれつき脊柱管が狭い、弱い)の場合もありますが、多くは
加齢によって腰椎が変化し、脊柱管が狭くなってしまったために起こります。

3.変形性腰権症
腰椎の形が変形し、神経を圧迫して腰に痛みや足のしびれを起こすのが変形性腰椎症です。
原因としては、加齢、同じ姿勢を長時問続ける、運動などで腰に過度の負担をかける、
などが挙げられます。また、変形性腰椎症は脊柱管狭窄症の原因にもなります。

この他にも、腰椎分離症やすべり症、梨状筋症候群、外傷による圧迫、帯状庖疹、
カリエス、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍といった腫瘍、糖尿病、アルコール依存症、喫煙、
ストレスなどの原因で起こる場合もあります。
また、これらの疾患や原因がなくても、発症することがあります。

北野クリニック(内科)
北野英基

坐骨神経痛

・メディカルライフ教育出版2008年7月号より

坐骨神経は人体の中で最も太く、長い末梢神経で、腰のあたりから爪先まで
伸びています(図1参照)。この坐骨神経が圧迫されるなどの刺激を受けると、
腰や臀部(尻)、太もも、ふくらはぎや足の先などに鋭く、電気が走ったような痛みや、
ピリピリとしたしびれ、強く張っている感じ、などの症状が生じます。
これが坐骨神経痛です。

坐骨神経痛は原因がはっきりと特定できる場合、症状のひとつとして扱われます。
例えぱ、「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」などの疾患が原因のときは、
腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が病名、坐骨神経痛が症状、
ということになります。

実際、坐骨神経痛は原因の疾患が比較的見つかりやすいので、病名ではなく
症状として扱われることが多いようです。
ただ、検査をしても原因が見当たらなくて発作性に痛みがくる場合は、坐骨神経痛が
病名となります。

北野クリニック(内科)
北野英基

PAGETOP